FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【実施報告】 第3回 1日農業体験を実施しました!
2008/08/25(Mon)
 平成20年8月23日(土)、岐阜市柳津高桑の河川敷にある、有機野菜・有機小麦を生産していらっしゃる、(有)なずな農園にて1日農業体験を実施しました。まだまだ空も暗い、朝4時45分JR岐阜駅に集合し、(有)なずな農園に向かいました。参加者7名、小雨の降る中、雨合羽を着ての農作業となりました。
 
 全員集合写真 これから農業体験へ モロヘイヤ
 モロヘイヤ収穫説明 モロヘイヤ収穫中 オクラ収穫の説明を聞く

 モロヘイヤ、オクラ、ミニトマトの収穫と、ハウス内のミニトマトの撤去、草取り、片付けを体験させていただきました。農作業の合間には、朝食として、なずな農園のみなさんと、味噌汁とおにぎりをごちそうになり、おやつにすいかを、おみやげにミニトマトも頂戴してしまいました。

 オクラ収穫  収穫したオクラです。 オクラ収穫2 
 ミニトマト収穫 収穫したミニトマトです。 収穫から戻ります。 
 収穫したものを選別しています。 お味噌汁、おにぎりをいただきました。 味噌汁おいしくいただきました。

 また、公民館に移動しての、白菜の種まきの体験については、これから農業をしようという地域の方々と共に、白菜の種まきについて学び、一緒に種まきの体験をさせていただきました。野菜の性質により、種をまいた後に、土を厚くかけるもの、うすくかけるものとあるということを学びました。

 ハウス内のトマト撤去 ハウス内のトマト撤去① ハウスがきれいになりました。
 スイカをいただきました。 白菜の種  白菜の種まき(カップに土を入れる)
 白菜の種まき(カップに土を入れる②) 白菜の種まき(種まき) 白菜の種まき(種まき、武山さん)

 大変朝早くから、また雨天の中の体験となりましたが、参加者は、なずな農園の方から収穫方法を真剣なまなざしで教わり、ひとつひとつ丁寧に収穫をしていきました。また、広大な農場で栽培されている野菜について、農業についても、いろいろ話をうかがうことができ、体験だけではなく、いろいろと感じることのできた農業体験になったのではと感じます。


■1日のスケジュール
5:15 集合・準備
    米粉を使用したロールケーキ、クッキーの試食
5:30 農業体験開始
   モロヘイヤの収穫
    オクラの収穫
    朝食(味噌汁、おにぎり)
    ミニトマトの収穫
    ハウス内のミニトマトの撤去、草取り、片付け
    スイカをいただく
9:30 公民館講座 白菜の種まき 
11:00 終了


■農業体験の内容 
・モロヘイヤの収穫
・オクラの収穫
・ミニトマトの収穫
・ハウス内のミニトマトの撤去、草取り、片付け
・白菜の種まき


■作業をする上で、(有)なずな農園の方から教わったこと
・収穫したモロヘイヤは向きをそろえてかごに入れておく。
・売り物にするには一定以上の長さ、大きさが必要。
・大きくなりすぎたオクラは来年の種にする。
・とにかく朝から皆さん元気!(^^)!
・作業する人への心配り。
・自家採種の大切さ。
・スーパーなどの店頭に並んでいる青果物は、冷却処理をして見た目の美しさを戻しているが、栄養までは取り戻せないので、スーパーで新鮮な青果物を購入することは難しいこと。
・ポストハーベストやフードマイレージのことを考えると、自分の身近にある青果物、地元の生産者を選ぶことが望ましいこと。
・有機野菜は安心安全だけでなく、とってもおいしいこと。


■農業体験を終えての感想
私たちは一日だけだけど、農園の方たちは毎日あの時間に起きて作業をしているのだからすごいと思いました。新鮮な野菜を出荷するために農家の人はすごく努力しているのだと実感しました。
モロヘイヤの収穫では、どれをとっていいか分からなくて、結局少ししかとれなかった。農園の方のスピードとは比べ物にならないと思いました。さすがプロです。オクラの収穫では、とっていいのか微妙な大きさのものがあったので困りました。また一通り見て、折り返して戻ってみると、見落としがかなりありました。とりたかったけど時間がなくて無理でした。ミニトマトの収穫では、少し力を入れ過ぎるだけでトマトが割れてしまいました。そっと回すようにとるよう気をつけました。白菜の種が紫色で、あんなに小さいことを知りませんでした。土を触ったのは久しぶりでした。大変だったけど楽しかったです。 
そして、米粉パン、もちもちしていて美味しかったです。休憩のときに頂いたお味噌汁とスイカも美味しかったです。こんなにもらっていいのかと思ったくらいです。ミニトマトも家族と美味しく頂きました。甘いとすごく好評でした。(学生・Yさん)
  
有機農法は収穫する時も、虫食いや病気でやられていて、それだけ収穫量も減って大変だけど、安心感や、「安全な野菜をつくっている!」という自負が漂っていなくて、居て心地良かったです。
「収穫する」という体験は私達も学校の行事で経験することなのですが、その行事の中に「食べる」という体験は無かったな。ということに気づきました。 別に、収穫作業しながら食べるということではなく、スイカを頂いた時に感じたのだけど、作業終了後にでもそこで採れた野菜を味わうという機会を「その場」で与えることで、野菜のありがたみや農家さんへの感謝の気持ち、野菜作りの楽しさを感じて、何より「興味」を持ってくれるんじゃないかと思いました。
実際、スイカを頂いた時、食べられるうれしさと、みずみずしい美味しさに感動しました。またそれと同時に、有機のスイカは種も多く、これではなかなか市場にも受け入れられるのは困難であるとも思いました。でも形じゃない!と思えたし、こんな美味しいもの作ってみたいと思えた。ある意味、有機じゃなくても畑で採れた野菜を食べるという行為は、感動と感謝と関心を、身近に抱ける良いきっかけになると思いました。(社会人・Nさん)

半日の農業体験であったが、驚きと発見があり充実したものになった。畑を少し歩くだけで、農家さんから野菜の育て方、栄養成分はもちろん、環境問題についてなどお話してくださり、多様な角度から有機農業を捉え、尽力してみえることに大変関心した。農業や畑仕事への興味は女性のほうが強いようである。子供を持ち、家族の健康を守っていく使命感を女性は感じやすいからかもしれない。武山さんからは、そんな母性愛を感じ、家族の食卓から家族の笑顔を守っていくことは本当にステキなことだと思った。また、農業体験の前に、農家さんとの交流会で、農家さんの考え方が聞けたことが本当によかった。(学生・Iさん)

この記事のURL | 第3回 農業体験(8/23)終了 | ▲ top
【実施報告】 第2回 1日農業体験を実施しました!
2008/08/22(Fri)
 平成20年8月20日(水)、岐阜市古市場高田のビニールハウスで、サラダほうれん草の水耕栽培をしてみえる小川さんのところで、1日農業体験を実施しました。
 ハウスの中  サラダほうれん草 サラダほうれん草③

■1日のスケジュール
5:45 集合・準備
6:00 サラダほうれん草 収穫 
     朝食
     サラダほうれん草 育成用ベッド洗浄①
     サラダほうれん草 種まき 
     座談会 
     サラダほうれん草 育成用ベッド洗浄②
12:00 昼食
13:00 サラダほうれん草 袋詰め 
サラダほうれん草 苗の植替え
17:00 終了


■農業体験の内容

○サラダほうれん草の収穫
サラダほうれん草を上に持ち上げ、根っこのところで、はさみを使って切り取ります。茎が大変細いので、茎が切れないように収穫していくのは大変でした。
 ほうれん草収穫① ほうれん草収穫② ほうれん草収穫③
 ほうれん草収穫-箱づめ 収穫したほうれん草 収穫したほうれん草をトラックへ 
 
○育成用ベッド洗浄
土をはらい、専用の洗浄器にて洗っていきます。そして、育成用ベッドを取り外した下に残った、サラダほうれん草の収穫後に残った根を、下にひいてある布をひっぱりながら、根をまとめていきます。引いてあった布も洗浄し、消毒します。その後、少しでも根っこが残っていないように、ホースで水を流しながら、軍手をした手で掃除していきます。
 育成用ベッド 土を払う② 育成用ベッド 土を払う③ 育成用ベッド 土を払う④ 
 育成用ベッド 機械で洗浄① 育成用ベッド 機械で洗浄② 育成用ベッド 機械で洗浄④ 
 シート+根を取り出す シート+根を取り出す② シートを消毒する。
 シート消毒中。 育成用ベッド 水で洗浄 育成用ベッド 水で洗浄 軍手でこする

○サラダほうれん草の種まき
専用の育苗ベンチに、専用の種まきのための道具を使用し種をまきます。育苗ベンチの穴に、一斉にまきます。最後に上からうすく土をかけ種を覆います。そして、水をやり、発芽室に入れます。
 サラダほうれん草 種まき① サラダほうれん草 種まき③ サラダほうれん草 種まき④

 サラダほうれん草 種まき⑤ サラダほうれん草 種まき⑧ 土かぶせる サラダほうれん草 種まき⑨ 土かぶせる2
 サラダほうれん草 種まき⑩ サラダほうれん草 種まき⑥ サラダほうれん草 種まき⑦

○サラダほうれん草の袋詰め
サラダほうれん草袋に入れる前の、葉をきれいにそろえ、グラムをはかる作業をしました。下葉や、茎が折れている葉、切れている葉などを落とし、きれいにそろえ、グラムをはかります。折れている葉や茎から痛んできてしまうため。サラダほうれん草は大変茎が細いため、やさしく扱いながら、きれいにそろえるという作業は大変難しいものでした。
 朝収穫して冷蔵庫のサラダほうれん草 サラダほうれん草 出荷作業① サラダほうれん草 出荷作業②
 サラダほうれん草 出荷作業⑧ サラダほうれん草 出荷作業③ サラダほうれん草 出荷作業④
 サラダほうれん草 出荷作業⑤ サラダほうれん草 出荷作業⑥ サラダほうれん草 出荷作業⑦

○サラダほうれん草の苗の植替え
育苗ベンチから芽が出てきたサラダほうれん草を、育成用ベッドに植替えます。穴にひとつひとつ植えかえるという単純作業なのですが、ひとつひとつ慎重に穴に入れなければ、苗が植わっている土がくずれてしまいます。
 苗の植替え①  苗の植替え② 苗の植替え③
 苗の植替え④ 苗の植替え⑤ 苗の植替え⑥

○その他
・サラダほうれん草の生産には、ハウスや栽培に必要な器具をそろえるために、多額の初期投資が必要。しかし、ハウス内にて、機械を利用しての水耕栽培のため、他からの害がなどは少なく、生産量は安定している。
・毎日が同じ作業の繰り返しなので、それを地道にできるかが必要。
・サラダほうれん草の需要がまだまだ少ない、という現状がある。
・サラダほうれん草の栽培のための育成用ベッドなど、作業がしやすい高さに調整して、施設をつくることができる。


■1日農業体験に参加してみて 参加者の声
暇になってちょっと家庭菜園を始めたくらいの私にはとてもハードな一日でした。毎日あの仕事をして見える小川さんご一家に脱帽です。今後はほうれん草の見方が変わってしまいそうです。やっぱり、農業で食べていくのは並大抵の覚悟では難しいとよく分かりました。家庭菜園レベルの趣味として続けていこうと思います。もうすぐ冬野菜の準備に入るので、畑も大きくして耕しました。 また、こういう機会がありましたらぜひ参加したいと思います。(社会人・Kさん) 


この記事のURL | 第2回 農業体験(8/20)終了 | ▲ top
8月23日 1日農業体験 詳細のお知らせです!
2008/08/16(Sat)
  8月23日1日農業体験についてのご案内
                                                  
1 日時 平成20年8月23日(土) 5時30分~12時頃(予定) 現地集合:5時15分

2 場所 (有)なずな農園 【住所:岐阜市柳津高桑5】
  ※有機野菜・有機小麦を生産してみえる武山さんの農場です。

3 スケジュールについて(予定) 
5:15 集合・準備
5:30 有機野菜収穫
    移動 
    白菜の種まき
12:00 終了

4 持ち物 
服装(汚れてもよい上下、長袖・長ズボン)、運動靴、帽子、軍手、水筒、タオル 

5 その他 
・着替える場所はありませんので、すぐに作業ができる服装でお越しください。
・前日は十分に睡眠をとり、当日をお迎えください。
・朝早くからの体験となりますが、朝食はとり、万全な体調でのぞんでくださいね。

この記事のURL | 第3回 農業体験(8/23)終了 | ▲ top
8月20日 1日農業体験 詳細のお知らせです!
2008/08/13(Wed)
8月20日 1日農業体験についてのご案内です。
                                                  
1、日時 平成20年8月20日(水)6:00~20:00 (集合時間:5:45)  
2、場所 EVERGREEN(エバーグリーン) 【住所:岐阜市古市場高田】
  ※サラダほうれん草の水耕栽培されてみえる小川さんのハウスにて行います。

3、スケジュールについて(予定) 
5:45 集合・準備
6:00 サラダほうれん草 収穫 
     【朝食】 ※パンやおにぎりなどご持参ください 
9:00 サラダほうれん草 種まき、 
    育成用ベッド洗浄
12:00 【昼食】 ※小川さんと一緒に外に食べにいきます
13:00 サラダほうれん草 袋詰め
16:00 苗植え 
18:00 発芽用トレイ 洗浄消毒
20:00 終了 

4、持ち物 
・服装(汚れてもよい上下、ハウスの中はとても暑いため、半そでがよいそうです。下は長ズボンでも半ズボンでもよいそうです)
・長靴(水を使っての洗浄があるため、靴がぬれてしまうので、長靴がいいです)
・ビニールエプロン(水を使用しての清掃などあり、もしお持ちであれば、ぜひご持参ください)
・帽子(ハウスの中ですが、日光はあたり暑いですので、あってもいいそうです。)
・ビニール手袋(消毒で塩素を使うため、手が荒れるのを防ぐため)
・水筒(ハウスの中は大変暑いですので、水分補給はかかせません。)
・着替え(水でぬれてしまったりするので)
・タオル 
・朝食用のパンやおにぎり 

5、その他 
・丸1日の農作業体験になりますので、前日は十分に睡眠をとり、当日をお迎えください。

この記事のURL | 第2回 農業体験(8/20)終了 | ▲ top
【実施報告】 第2回 農家の方との交流会を開催しました!
2008/08/10(Sun)
 平成20年8月8日(金)、有機野菜・有機小麦の生産をしてみえる、(有)なずな農園の武山洋子さんをお招きし、岐阜駅高架下にあるハートフルスクエアーGにて、農業に興味のある若者との交流会を実施しました。

 8/8 武山さん① 8/8 武山さん② 8/8 武山さん⑥ 
 8/8 武山さん④ 8/8 武山さん⑦ 8/8 武山さん⑤

 武山さんが、なぜ有機野菜をつくられるようになったのか、これまでの経緯、その中での人との出会いとエピソード、さまざまな苦労、それでもこれまでやってこられた理由など、お話いただきました。

■武山さんの話を聞いて農業へのイメージに変化はありましたか?
・自分の身の回りの野菜、食べ物だけでも身体に良い物を食べていこう!という思いがはっきりしました。
・本当に体に、心に優しいと改めて感じた。身体にいいものを厳選して、身体に入れたいと思った。
・大変ではあるけど、それ以上にやり甲斐を感じておられて、自信を持って仕事をする幸せが伝わってきました。
・有機農法は難しいイメージでしたが自分でも出来る気がしてきました。
・農が生命にもつながっていることに、実体験に基づき語られた姿勢が印象的でした。イメージに変化があり、農は尊い仕事であると感じました。
・有機は良い
・作るだけの事を考えているのかと思っていたら、先の食べる人の健康の事まで考えていること。
・無農薬栽培は技で出来るという事に驚きました。イメージはあまり変わりません。
・農業は生きることに直結食べ物の話。もっと身近にしないといけない。


■武山さんの話を聞いての感想
・有機や無農薬に関心のある若い人達は着実に増えているのだと確認が出来た。
・有機農法で作った野菜を食べてアトピーやガンが治ったりしたというお話には驚きました。野菜から健康についての話が聞けて幅広い内容でした。パセリはこれから食べます。
・野菜は土の化身、人の腸内細菌は土の中の環境と同じ、有機野菜の力は偉大であるということ
・農業で生活できればしたいと思っていましたが、金銭的に余裕があればもっと楽しめそうな気がします。定年後では先が長すぎるので少し迷います。
・武山さん対参加者という形ではなく、皆で話したかった。
・郡上で畑を借りたとき、獣害で作物はダメになりました。山村ではなく市街地ゆえの苦労もあるのかと思いました。
・本当に甘いトマトで、かつ青臭い感じがまた自然で美味しかったです。土の状態=腸の状態だから、食べ物が変わるとお腹の調子が悪くなるというお話は非常に納得してしまいました。
・河川敷の窒素から始められたということですが、農薬を使っていた農地でも有機は始める事が出来るのか気になりました。今日、終始楽しそうに話す武山さんを見て、やっぱり農業がやりたいと思いました。何かと勉強することが多そうですが、是非学びたくなりました。
・虫に食べられたモノはモノの価値がなくなることであると思いましたが、虫が食べるほど美味しいモノであり、虫も生命を全うする為に食事として食べているのだと。お話を伺う事で私の考え方が変わった面がありました。ありがとうございました。
生の声をありがとうございました。
・若い人が農業にふれる機会が増えるよう、今後もこのような会をしていただきたいです。ありがとうございました。
この記事のURL | 第2回 交流会(8/8)終了 | ▲ top
【実施報告】 第1回 農家の方との交流会を開催しました!
2008/08/01(Fri)
 平成20年7月30日(水)、岐阜市折立にあるカフェ+TEAにて、現在は主にトマトの生産をしてみえる、(有)ツットモ農園の辻朋宏さんをお招きし、農業に興味のある若い方との交流会を実施しました。

 7/30 辻さん① 7/30 辻さん② 7/30 辻さん⑤
 7/30 辻さん⑥ 7/30 辻さん③ 7/30 辻さん④

 辻朋宏さんより、就農のきっかけや、就農を決意した理由、技術はどのように習得していったか、農地・資金・住宅の確保について、地域の方とのつきあい方について、これまでの経験をもとにお話をいただきました。さまざまな壁を乗り越えながら、挑戦を続けてみえる、辻朋宏さんのお話を聞き、参加者は、これまでの農業に対するイメージから、大きな変化があったようです。また、農業に対するおもしろさ、魅力を感じていました。

■農業へのイメージに変化はありましたか?
・農業生産者がより経営的に生産している事は新しいイメージとなりました。
・「作物をきたえる」というイメージはなかったので、お話を聞いて変化を受けました。
・有機農業はすべて環境に良いものではない。このような視点を広く持つといったことの重要性を知った。
・農業は虫がいっぱいだし、管理も大変だろうと思っていましたが、農業にも生きがいを感じ、魅力的な仕事だと感じました。
・農業=作物を栽培するというイメージだったのが大きく変わりました。人間関係の重要さがどの分野でも通じるというのは、一生忘れずに生きていきたいです。
・相場によって作る作物を変える事や、原油などの物価などによっても作り方を変えないといけないということで、古臭い農業のイメージが大きく変わりました。
・ただ大量に作るのではなく、作物を作る農家の方の情熱と愛情がいっぱい詰まったものなんだと感じました。
・元々、苦労もあるけどステキなことだってイメージが強かったんですが、ステキなイメージが更に強くなったと思います。
・農「業」なのだなと思いました。仕事に対してのプロだと。農業は人間性が大事。
・ひたすら作物を作る事に力を入れているイメージがあったのですが、人間関係を築いていく事でより良いものになるという点がとても興味深く感じました。
・形式にしばられて狭い社会だと思っていたが、水・土・環境など直接的なモノだけでなく、人付き合いや話し方など人間関係も重要な広い世界だと感じた。


■辻朋宏さんの話を聞いて感想など
・ライバルはイチゴというお話、すごいです。「イイもの」を作ればいいという訳でもないのですね。
・視点を広く                              
・農業=自然ではない
・「農業=人間作り」という考えは今までもった事がなかったので新鮮だった。
・自分のやりたい事はゴリ押しでいくぐらいでやるというのは、とても参考にしていきたいです。
・技術的なことよりも人間的なことが大切だという話を強く覚えています。人とのつながりを持つきっ  かけや、その後の付き合いを大切にしていきます。
・作物は人間にとってすごく重要で、農家の方のありがたみを感じました。大切にしなければいけないものだと思います。
・「作物づくり=人づくり」が一番印象に残りました。あと有機農業のイメージが変わりました。必ずしも環境にいい訳じゃないのですね。
・農家さんは「教育者」だと気がつきました。人間教育に活かせる話がたくさんでした。
・何をするにしてもスキルよりも人間性の大切さが1番になってくるのだと教えていただきました。農業に命を掛けている姿や思いを聞けて、自分の好きな事に対する行動力を見習いたいなと思いました。
・農業の出荷の過程やおいしいトマトの作り方など、興味ある分野について深く学んだことで目標への具体的な方法や学びを得ることができました。
・日本の農業を発展的に担っていける方に初めてお会いし、感動しました。
・いきいきとした辻さんを見て、農業が重要で楽しい職業なのだと感じました。農業が自分と密接に関係しているということを改めて感じ、またありがたみも感じました。
・考え方、人生の生き方がとても参考になりました。本日はありがとうございました。
・きっかけは大事だと思いました。人間関係を大切にしていきたいです。ありがとうございました。
・お話、とてもおもしろかったです。いつか農業もやってみたいなって思いました。ありがとうございました。
・専門的なお話から、人として重要な人間関係の話まで多くの学びをありがとうございました。
・いきいきとした辻さんを見て、農業が重要で楽しい職業なのだと感じました。農業が自分と密接に関係しているということを改めて感じ、またありがたみも感じました。
・自分は今まで値段を中心に選んできました。これからはブランドや自分の舌で判断してみようかなと思いました。


この記事のURL | 第1回 交流会(7/30)終了 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。