スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
【開催報告】守口大根の収穫体験を実施しました!
2008/12/18(Thu)
 平成20年12月13日守口大根を生産する高橋司郎さんはじめ守口大根を生産される方々と守口大根の収穫体験をさせていただきました。

 守口大根は、非常に細長く成長するため、栽培できる土壌が限られており、現在では、岐阜市の産地は、木曽川付近に位置し、良質な砂質土壌が続いているため、守口だいこんの栽培に適しているのだそうです。
 
 守口1 守口33  守口32 
 守口24  守口25  守口22 
 守口7  守口6  守口5 

 守口大根の葉をトラクターでつぶしていきます。そして、ごぼう収穫機を利用して、大根を収穫していきます。収穫した大根の茎葉部を専用の包丁で切り落とします。専用の包丁とは、包丁に守口大根の規格(1.5センチ以上、2.8センチ以下)がわかるように、2.8センチと、1.5センチに刃の部分が切り取られているものです。これを使用し、規格以内か、規格外かを判断していきます。また、守口大根は重さで値段が決まっているため、切り落とす際は目方が少なくならないように、かつ首の緑色の部分が残らない程度に切り落とします。切り落とした大根はまとめて置き、長さをそろえ結束します。
 
 守口2  守口9  守口8 
 守口31  守口3 守口10 
 守口17  守口18  守口37 

 結束したものをさらに重さをはかり、1束12キロごとに再度結束しなおします。そして、長めのもの、短めのものを別々にトラックに詰め込み、JAぎふ則武支店に運びます。

 守口35  守口34  守口14 
 守口36  守口28  守口29 

 JAぎふ則武支店にて、収穫した守口大根を直ちに塩漬けにし(樽や専用の入れ床に、守口大根の束を塩と漬け込んでいきます)、大根の水分を脱水します。
 その後、塩と酒粕を加えたもので守口大根を漬けかえます。塩漬けが終わると、酒粕で何度も漬け込み、塩分を徐々にぬくとともに、繊維をやわらかくしていきます。 

 守口19  守口20  守口21  
 守口39  守口27  守口38 

■参加者の感想

今回は農家の方に、行政や農協とのかかわりについてお話を聴きたいと思い参加しました。そのことに関して、農家の方や行政の方から現状を話していただき、大変勉強になりました。またそれだけではなく、実際の農作業の大変さを体験したり、農家の方の食や農に対する思いをうかがうことができ、期待以上に得るものが大きかったです。

農業へのイメージへの変化は、農業は単純作業の繰り返しだということです。今までの農業体験といえば、大学の農業実習や研究室での家庭菜園程度でした。作業時間は長くても3~4時間で、その間にいろいろな作業をしました。

今回の体験では、朝から夕方まで、ひたすら大根の首を切っていました。同じ作業を繰り返すなかでモチベーションを維持していくことは大変だと感じました。農作業の実際について、今回少し知ることができ、大変勉強になりました。

 守口40 守口42  守口45 
 守口43  守口41  守口46  
 
農業というのは大変な仕事であると感じました。それに見合った収入や、合理的なシステム(流通や政策など)がなければ、農家をする人はなかなか起こらないだろうと思いました。そのためには、現役の農家の意見が反映されていくことが重要であると思いました。
今回の体験を通して、農作物が自分の手に入るまでに、多くの労力がかけられていることを実感し、食べもののありがたさを覚えました。最近、「食育」という言葉をよく耳にし、さまざまな取り組みがなされていますが、農作業を体験することは食育の面からみても非常に有効であると思いました。

契約済みの取引先があって、作る量が決まってから栽培する、といったあり方もあるのだなと学びました。また、改めてそういった取引先との関係づくりや、集団で有志を募ったりするなど、いろいろと試みていくことが大事なことなのだなと感じました。

現在日本では食料自給率の向上が目指されていますが、農業に対する国民の理解が特に必要なのではないかと今回思いました。自分自身、まったく農業についてわかってないことばかりで、農家さんのお話をきくなかで、消費者として勝手なことばっかり言っているなぁと思いました。いまさらですが、社会のなかで生きていくにはお互いのことをよく理解する必要があると学びました。
自分の将来を考える上で、とても勉強になりました。ぜひいろんな人に体験してほしいイベントです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 第4回 農業体験(12/13)終了 | ▲ top
12/13 農業50年ベテラン高橋司郎さんのもとで、世界一長い大根”守口大根”の収穫体験をしよう!≪参加者募集中!≫
2008/12/08(Mon)
12月13日(土)、第4回1日農業体験を開催します。今回は、世界で岐阜市と愛知県扶桑町でしかつくられていない、世界で一番長い大根”守口大根”の収穫と、漬物にするための準備を体験させていただきます。

当日のスケジュール、持ち物を更新しましたのでご案内させていただきます。
引き続き、参加者募集中ですので、ぜひ興味のお持ちの方は、お問合わせください!

高橋司郎さん

第4回 1日農業体験 
守口大根を生産する、高橋司郎さん


世界一細長い大根"守口大根"をつくる高橋さん。
昨年には、太さ、長さが先端近くまでほぼ均一なものが生まれ、新品種登録も出願。
常に高品質なものづくりを目指しています。「農家は野菜をつくるプロだけど、
それ以外の知識もいろいろ学び、他の会社の経営者の方やさまざまな人と出会い、
学ばなければならない」とおっしゃいます。

高橋さんは、現在、岐阜愛知守口大根生産連絡協議会の会長もつとめられ、
業者との契約価格の設定や受注数量の取りまとめ、消費宣伝活動なども
積極的に行ってみえます。

農業の大ベテランでありながら、さまざまなものから学び、新たなことにチャレンジしていく姿に、
大変感銘をうけました。

ぜひ、高橋さんのもとで、農業の魅力を肌で感じてみませんか?

【日  時】 12月13日(土)
【場  所】 各務原市川島町または、笠松町

【スケジュール】 
7:40 集合(JR木曽川駅)→移動 
7:50 畑到着、準備
8:00 農業体験開始 守口大根収穫 
16:00 農業体験終了
※その後18:00~21:00頃、JA則武支店にて守口漬け準備があり、体験もできますし見学のみでも可能です。自由参加となります。

【持ち物】 服装(汚れてもよい上下、長袖・長ズボン、寒いので暖かい服装でお願いします)、
       長靴、帽子、軍手、タオル、昼食、飲み物
【対  象】 18歳から35歳までの方を対象としています。(高校生は除く)
【参加費】 無料

【申し込み】 〔 nougyou@gifist.net 〕までお申し込みください。
 件名に 「農業○月○日参加希望」 と明記いただき、
 ①氏名 ②所属(大学名・学科名・社会人等) ③年齢 ④住所  
 ⑤連絡先(携帯番号、PCメ-ルアドレス、携帯メ-ルアドレス) ⑥現地までの移動手段 
 ⑦農作業経験の有無 ⑧参加を希望した理由 を明記の上、上記メールアドレスまで
 お申し込みください。詳細についてご案内させていただきます。

※申し込みにあたりご提供いただいた個人情報は、当事業の運営の目的のみに利用させていただきます。また、当該個人情報は厳重に管理し、第三者に提供することはありません。
この記事のURL | 第4回 農業体験(12/13)終了 | ▲ top
オンリーワンの守口大根を目指す、高橋さんから農業を学ぼう!
2008/11/13(Thu)
12月13日(土)、第4回1日農業体験を開催します。今回は、世界で岐阜市と愛知県扶桑町でしかつくられていない、世界で一番長い大根”守口大根”の収穫と、漬物にするための準備を体験させていただきます。
みなさまのご参加をお待ちしています!

高橋司郎さん

第4回 1日農業体験 
守口大根を生産する、高橋司郎さん


世界一細長い大根"守口大根"をつくる高橋さん。
昨年には、太さ、長さが先端近くまでほぼ均一なものが生まれ、新品種登録も出願。
常に高品質なものづくりを目指しています。「農家は野菜をつくるプロだけど、
それ以外の知識もいろいろ学び、他の会社の経営者の方やさまざまな人と出会い、
学ばなければならない」とおっしゃいます。

高橋さんは、現在、岐阜愛知守口大根生産連絡協議会の会長もつとめられ、
業者との契約価格の設定や受注数量の取りまとめ、消費宣伝活動なども
積極的に行ってみえます。

農業の大ベテランでありながら、さまざまなものから学び、新たなことにチャレンジしていく姿に、
大変感銘をうけました。

ぜひ、高橋さんのもとで、農業の魅力を肌で感じてみませんか?


【日  時】 12月13日(土)8時~20時30分頃
【場  所】 各務原市川島町、岐阜市則武 
 ※各務原市川島町での収穫の後、岐阜市則武に移動し漬物にするための準備を行います。    
 ※詳しい場所については、お申込みいただいた後にご案内させていただきます。
【対  象】 18歳から35歳までの方を対象としています。(高校生は除く)
【参加費】 無料

【申し込み】 〔 nougyou@gifist.net 〕までお申し込みください。
 件名に 「農業○月○日参加希望」 と明記いただき、
 ①氏名 ②所属(大学名・学科名・社会人等) ③年齢 ④住所  
 ⑤連絡先(携帯番号、PCメ-ルアドレス、携帯メ-ルアドレス) ⑥現地までの移動手段 
 ⑦農作業経験の有無 ⑧参加を希望した理由 を明記の上、上記メールアドレスまで
 お申し込みください。詳細についてご案内させていただきます。

※申し込みにあたりご提供いただいた個人情報は、当事業の運営の目的のみに利用させていただきます。また、当該個人情報は厳重に管理し、第三者に提供することはありません。
この記事のURL | 第4回 農業体験(12/13)終了 | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。